オルニチン 酔わない

オルニチンをとると酔わないようになるの?

オルニチンをとると酔わないようになるの?

二日酔い

 

オルニチンは肝臓の働きをサポート!

 

二日酔いの軽減に効果的と言われるオルニチンですが、実際はどうなのでしょうか。

 

同じ酒量を摂取しても人によって酔いの程度が違うのは、肝臓のアルコール分解能力の働きに差があるからです。

 

元々の個人差に加えて加齢やストレスなども影響してくるといわれており、
自称酒が強い、酔わないと宣言していた人たちが年を取ってくると、
「昔と比べて酔いやすくなった」というのは気のせいではない可能性あります。

 

そこでオルニチンを効果的に摂取することにより、
血中のアルコール濃度を薄めるべく頑張っている肝臓をサポートすることが出来ます。

 

アルコールによる高揚感はそのままで、二日酔いの不快感を軽減することが出来るオルニチンですが、
アルコールを直接分解できるわけではありません。

 

人がオルニチンを二日酔い軽減のサポートにするように、
肝臓もまたオルニチンを間接的な助っ人としていると考えると分かりやすいかと思います。

 

 

いつ飲んでも効果が期待できるという点に注目!

 

飲むタイミングを選ばないのも頼もしい点であります。

 

アルコール摂取前だけではなく、摂取中、摂取後のいつ飲んでも効果が期待できるので、
飲み忘れて結局無駄になるということもないでしょう。

 

万が一過剰摂取してしまっても、アルコール分解を促すオルニチンサイクルで使用されなかった分は尿と共に排泄されます。
飲み過ぎによる副作用よりも尿と共に流れてしまい無駄になってしまうことを心配したほうが良いでしょう。

 

初めは低用量の摂取から始め、体質に合った量を探っていくことをお勧めします。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ